妊娠でつわりの時食事

妊娠初期、つわり時の食事

妊娠中の食事について

妊娠は嬉しいいものの、つわりは辛いですよね。この期間は食べられる物を食べられるだけ摂りましょう。吐いたとしても100%出てくるわけではないので、赤ちゃんにはきちんと栄養はいきます。そして脱水症状にならないように水分も摂りましょう。筆者は普段はお番茶を飲んでいましたが、お番茶だけでなく普通のお水ですら口に入れると気持ち悪い状態でした。当然、食事もあまり摂れませんでしたが、その中でも食べられたものはトマトのマリネや梅干しを乗せたキュウリや大根でした。野菜からも水分を摂る事は出来ますし、サッパリしているものは食べやすいですよね。妊娠初期が一番辛い時期ですが、終わりは必ずきます。つわりも赤ちゃんが成長している証なので、赤ちゃんと一緒に頑張って乗り越えましょう。

妊婦のつわりについて

妊婦さんの半数以上が経験するつわりとは、妊娠初期に現れる症状のことです。主に吐き気や嘔吐などのものと、空腹になると気分が悪くなるもの、においに敏感になるものなど、人によって様々な症状があります。つわりは妊娠5~6週頃に始まり12~16週頃まで続くのが一般的です。未熟な胎盤が完成してホルモンバランスが落ち着いてくると安定期に入り体調も落ち着くため、ピークがすぎる8~11週までは我慢せずに産婦人科に通うことが大切です。無理に三食食べずに食べられる時に食べたいものを摂取していきます。また、ビタミンB6にはやわらげる効果があるため、積極的に食べることをおすすめします。

↑PAGE TOP