妊娠での吐き気とは

妊娠中のつわりによる吐き気

妊娠の喜びとつわりの辛さ

妊娠が分かって喜びも束の間、多くの人が初期段階でつわりを経験します。なんとなくムカムカする人から、吐き気を伴い食事が喉を通らない人まで、症状の重さは人それぞれです。いつ終わるか分からない、妊娠していない人には分からないという精神的な辛さもあります。しかし、つわりがあるということは、お腹の赤ちゃんが元気に育っている証拠だと考え方を変えることで、精神的な辛さは軽減されると思います。初期はまだお腹も出ていませんし、胎動もまだ感じることができないので、検診の時しか赤ちゃんの様子を確認することができません。赤ちゃんの成長を自分の身体が証明していると考えることが大切です。

妊娠とつわりについて

妊娠すると悩まされる可能性があるのが、つわりです。吐き気が起きるというイメージを持つ人は少なくありませんが、その症状は人によって異なります。吐き気がひどく、食べ物の匂いに抵抗を感じ、食事すらままならないという人もいれば、食べていないと落ち着かない状態になってしまうという人もいます。そして、とても重い症状に悩まされる人もいれば、殆ど感じないまま出産の日を迎えるという人もいます。ですから、その症状は人によって大きな個人差があります。更に、妊娠をして症状が出た後、しばらくすれば収まる人もいれば、出産まで症状が続く人もいる等、期間も人によって様々です。

↑PAGE TOP